2004年11月30日

おバカなブッシュ大統領

今週のプレゼンの記事は"Bush and Blair accused of mangling English"でした。ブッシュさんてネイティブやんなぁ?て何人もに確認したけどやっぱりそう!やのにわけわからん英語の間違いしまくり!
例えば言葉の間違い"weapons of mass destruction"(大量破壊兵器)を"weapons of mass production"(大量生産兵器)とゆったり、文法間違い"Whatever it took to help Taiwan to defend theirself"、んでおかしな表現"I cut the taxes on everybody.I didnt cut them.The Congress cut them.I asked them to cut them."
世界には約8億人もの人々が英語を第二言語として話す。やのにネイティブ人が一人もいない授業中に、この例が出された時みんな失笑してた。ネイティブが馬鹿にされるってどうなん?!まぁ私も日本語の表現あんまうまくないし偉そうに言えんけど、 少なくとも国を代表する人物がこんなんでいいのぉ??表現、文法間違いは大目に見るとしても逆の意味の単語使うって。。しかもそんだけ色んなマスコミに取り上げられてるのに、選挙は通ってるし・・・おもしろいよねぇ。国民はそんな人が国の代表で恥ずかしくないんかなぁ。まあそれだけが判断材料ではないやろうけど。

夜は急きょアンダースに数学を教えてもらえる事になり、飛びついたけど、彼自身も二年前にやってて覚えてないのがあったのでルームメイトのエドワードを巻き込んで、分からない所は無事解決した☆お礼は彼女の名前を色紙に日本語で書いてくれってゆわれただけでした(笑)後は自力で解く練習するだけです!がんばるぞぉ★★
posted by あい at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

発狂。。

今日またビジネス英語の課題出た!しかも月曜までにエッセー&来週のプレゼングループの人数少ないから各グループに質問分けるとかゆって、こないだプレゼン終わったとこやのにまた調べなあかん。。。この先生狂ってる(**)数学テストまでもう日がないのに、発狂しそうになった↓↓
ひとまず今日は昼で終わったから、家に帰ってひたすらミクロの本とにらめっこ!やっと読み終わったぁ。最近他にやる事ありすぎてミクロの授業にはついていけきれてない。やのにテストもある、課題もある××一個づつ片付けて、なんて甘い考えは通用せず次から次へとやる事増える!しかも最近寝不足が目にくる!目〜痛くてコンタクトつけれへん〜><パソコン使いすぎかな。まぁ何とかがんばって乗り越えましょー☆

てか冬休み遊びに来る予定だった皆様、申し訳ないけどやめといてください!死ぬよ!日に日に積もってる雪のボリューム上がってるんやけど、気のせいじゃないよね?最近は大体−1〜5度やけど、もうちょっとしたらたまに−20度とかで、今度寒すぎて雪も降らんらしい。息できひんのやって!スウェーデン人の子に何着んの?って聞いたら「どうしようもない、耐えるしかない」って。そんなぁ〜><鍵忘れたらほんまに凍死もあるなって思った↓カロリーナは去年寒すぎて耳病気になったらしいし。もう学校以外家出んとこぉ。何でこんなとこに人が住んでんのやろ。。スウェーデンばかの智美ちゃん(笑)は今日もはしゃいでたけど、寒いの苦手な私にはコク過ぎるぅ〜(涙)
今来ても雪しかないから、春時間があれば、もしくはまた別の機会に夏の綺麗なスウェーデンを満喫した方がいい★色んな街に友達いるからみんないつでも泊めたげるってゆってくれてるし♪
posted by あい at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

ドル安問題

こないだプレゼンした時に色々調べて思った。ドルの価値下がり過ぎじゃない?!最近見たのでは日本円が103円になってた。低っ!
こっちに来てから、新しい事も英語で勉強してるおかげで、日本語で理解できてないからちょっと整理しようと思いまちた。とりあえず今日はドルとユーロの関係中心に、私の言葉で解釈。分からないなりに理解してみたので、間違ってたらつっこんで(^^;) 
今ドルは下がり、ユーロは上がってる。こないだ見た数字では$1.30に!これは2000年10月のたった82centsの57%アップ。ここまでドルが落ちたのは、アメリカの貿易赤字が516億ドルになってから。ここ二年間でかなり膨らんでいます。今回復しかけてるけどもhigh oil priceのおかげで今だ500億ドル以上!
今一番困ってるのはeuro-zone exporterで、かなりの打撃を受けている。彼らにとって、ドルが弱いって事は輸出値を上げてしまい、アメリカ内での競争力が弱まってしまう。国際競争力を高めるためにはドルが強くあってほしいのに、弱くなりすぎている。国内需要が停滞してるから、輸出における成長に頼っているヨーロッパ経済にとって、ドル安はだいぶ痛い! でも逆にブッシュさんは輸出枠での成長を促す意味でも、あえてドル安を維持するんちゃうかとの見方もある。

このままドルは落ち続けるのか?どの記事見ても、まだまだ下がり続けるってゆう予想ばっかり。うちらのグループ予想としては、すぐに回復はまず無理やけども、とりあえずこのままの状態で、安定した上で回復しだすやろう。みんなはどう思いますか?
スウェーデンでも輸出産業はけっこう大部分をしめているらしく、スウェーデン経済にかなりの影響を与えているようです。今ヨーロッパ全体にとってできる事は外部需要への成長に目を向ける事!
アメリカはどの国にとっても大きい貿易取引相手であるだけに、世界中にとって今大事な問題です。日本もやっぱり輸出部門はでかいんかな?あ〜私日本の事ほんま分かってないや>_<(反省) まぁ多分おっきいはずやから、日本にとってもこれは問題でしょう。
貿易赤字、予算赤字、経常赤字、だからドルの価値も下がってしまってる。もう戦争なんかにお金使わんかったらいいのに。。。って単純に思うのは私だけでしょーか(^^;)結局ブッシュさんがまた当選してテロと戦う意思は変わってない。またそれに国民が支持してるってゆうんがよー分からんけど。
posted by あい at 05:50| Comment(1) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月16日

山場!!

あ〜もうすぐ朝の5時や。。何かでもまた毎日blog更新したい病が。。
今日はペーパーディスカッションの日!今回は「日本と欧米諸国の国民教育の仕方」について書いてみた。前回完敗してたからすっごい行くの嫌だった。ところが今回は、「前回よりかなり文章うまく書けてる。だいぶ進歩したやん」とお褒めの言葉を頂いた☆全然英語のレベルでは劣ってるとは思うけど、がんばれば周りは分かってくれるのね♪やった^。^ まだargumentが足りないと、つっこまれる部分もあったものの、褒められて成長する子なもので(笑)
今日は朝から何か気分悪くて、授業終わってから吐き気に襲われ、やる事いっぱいあったのに10時に帰って少し寝てみた。こんな早く家帰ったん超久しぶり!何やろ、睡眠不足?ストレス?あせり?とにかく後一ヶ月はこんな生活が続きます××

体調不良を気にしてる余裕もなく、水曜にグループプレゼンがある。毎週先生が興味もって選んだ二つの新聞記事のタイトルをもとに、プレゼンテーションする。また運悪い事に私らの週は「Dollar Falls Fourth Straight Week to Record Low Against Euro」「Black economy"not all bad thing"」ってゆう超経済の話!「経済の知識なんて求めへんから、どうゆうビジネス用語使って発表するかを見るから大丈夫やで」って先生はゆってたけど、言い方も何も記事の意味がわかりません><って感じで、グループの子も文句いいまくってた(笑)
とりあえず嘆いてもしょうがないので色々ネットで調べて記事の内容理解から始めた。通貨の話とか私の一番大嫌いな話なもので、ほんまに全く分かってなかったからものすごく時間かかった◎明日はみんなで打ち合わせ!ひとまず私の担当部分は何とかまとめられた。この学校はgroup work大好き!私は自分のペースで勉強したいから、本当ストレスです。まず英語のレベル違うとこからして、迷惑かけたくない気持ちが勝つ→ミーティングする度あせる→更にがんばる→ストレスたまって体調不良。悪循環〜!
ひとまずこれは終わったけど明日のミクロの予習何もできてない!きゃぁ〜><ま、人生でここまで必死に勉強する事はもうないでしょう。今やってる事は絶対無駄にならないはず☆だから冬休みを楽しみにがんばろーっと^^
posted by あい at 13:13| Comment(1) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

English

Most Japanese have a problem with speaking English. It is hard for them to communicate with foreigners in English. Why? There are mainly four reasons for that.
The first reason is a grammar. Japanese has three kinds of letters, that is Kanji(漢字), Katakana(カタカナ), and Hiragana(ひらがな),but these three are completely different letters from English. Therefore it takes longer for them to learn English than people who uses alphabet.
Second is a situation that they do not have to use English in everyday life. They usually hear only Japanese even when they watch movie on TV, unlike here in Sweden. This is partly because Japan does not receive immigrants so much and partly because they have never experienced that was planted a colony through Japanese history. However, I think as one of Japanese that we need to have an opportunity to touch English in our daily lives. Otherwise we will be isolated from foreign countries again.
Third is an attitude of them when they talk with foreigners. You can probably see that they try to avoid talking with them or to look away from them. It does not mean that they hate foreigners, but means that they are afraid of making mistakes when they use English. This is partly because they do not have an opportunity to contact with foreigners. The Chinese try to say something even if they are not good at speaking English, while the Japanese tend to be afraid of that. This situation is caused from the above that Japanese does not have a chance to use English.
And the most important reason is the education system. English education starts from 12 years old in Japan, but they do not learn speaking and listening, but mainly grammar and reading. Because after finishing the national isolation policy called SAKOKU during from the 17th to 19th, they needed to know every new thing like culture, technology and invention outside Japan and managed to catch up advanced countries by reading many kinds of their book. However, now that Japan became one of the advanced countries, then has to send new technology by using English which is international language. That is why they need to change education program now, which is under argument and some school start to adopt new program.
To change English education program is necessary for current Japan to advance more, otherwise they will only receive from other country from now on and have bad reputation that the Japanese always do not say anything even during the business meeting. This is the significant issue for Japan.
(練習;訂正版)
posted by あい at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月02日

Advertising

International Companyの場合、広告者はキャンペーンを企画する際文化間の違いを考慮に入れないといけない。ヨーロッパの中でだけ考えると大きく分けて3つ、
@オーストリア、ドイツ、スイス、イタリア、アイルランド
特徴-small power distance, medium uncertainty avoidance, medium-high
individualism, and high masculinity.
→high performance&successful achiever themesに重点を置く。
Aベルギー、フランス、ギリシャ、ポルトガル、スペイン、トルコ
特徴-medium power distance, strong uncertainty avoidance, varied individualism and low-medium masculinity.
→appeal consumer's status, emphasize the functionality of the product,stress risk-reduction features(満足できない場合は返品できます。等)
Bデンマーク、スウェーデン、フィンランド、オランダ、ノルウェー
特徴-small power distance, low certainty avoidance,high individualism, and low-medium masculinity.
→expect strong consumer enthusiasm for novelty and variety,and high concern for socially conscious companies and environmentally friendly products.
皆がそれぞれのsocial backgroundを持つため、全く同じ広告を出してもとらえ方が違ってしまう。例えば、「ある男性がレストランのテーブルにある花を取って、次のシーンで女性にそれを渡す」普通に考えたらロマンチック、しかしこれが盗みだととらえる文化のところもある。
そして言葉のとらえ方の違い。例えば英語では香水を意味する"mist"が、ドイツ市場ではこの言葉を使えない。なぜならmistは、ドイツ語では肥料とゆう意味になってしまうから。また、三菱のPajeroはスペインでは無礼な言葉になってしまう。
その他、アイコンや、色など、国によって意味が変わってくる。
国内市場の景気改善や、事業拡大等、海外市場に参入する企業も増えてますが、進出国のbackgroundを十分心得ておかないと、逆に売り上げを下げるだけの結果になりかねません。文化が違うと、何に重点を置くかも変わってくる。極端な話、イスラム教徒の重役の方を接待して、その場で豚料理メインで出したらきっと契約取り消しですよね。そう考えたら多国籍企業で働くならば、十分文化理解を考慮に入れとかないと。
今日は英語と日本語ごっちゃまぜで読みにくくてごめんなさい><何かうまい日本語訳が出てこんくて。。。

<参照;Robert Gibson, Intercultural Business Communication>
posted by あい at 08:07| Comment(9) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

ビジネスEnglish

私がけっこうお気に入りのEnglish in society and businessの授業で今日はmeetingとnegotiatingについてやった。この先生、例の出し方とか説明の仕方が本当に分かりやすい。今クウォーターは基礎なので、intercultultural differenceをメインにした概略だけですが、おもしろかった。 
Meetingの席でも出身国によって態度が違う。例えば、Noがはっきり言える文化がbackgroundにあるかどうか、日本人は完全にNoと言えない。また、提案されたものに同意できない時、Britishは”That sounds interesting,but......",or "Im not sure if it's good.."と少し控えめに言うが、Americanならば、"Are you crazy?","I cannot agree with that"といった具合に違いがでる。International meetingの場では互いの表現の違いも配慮しないといけない。
英語の表現の違いもculture understandingには重要。例えば"Table a motion"というフレーズ。USでは「審議を延期する」という意味だが、UKでは「議案を上程する」という全く違う意味になり、互いの表現を理解しているか、言葉の意味を確認しない限り、審議は違った方向へ向かう。
契約書に対する姿勢も違う。ヨーロッパでは、契約が重要な意味を成し、全てこれによってcoverされる。しかし中国では契約書は書かない。というのも、契約書の内容は常に変化するから。 海外で働く機会を持つ場合、こういった仕事上の取り組みの違いを常に考慮に入れておかないといけない。

Negotiationの話では、互いがWin-Win(シナジー効果を生めれば最高)の形になるため十分交渉の前には準備をしておくこと。そしてある程度outcomeを決めておいて、妥協できる範囲でとめておく、など習った。先生がnegociationの作戦(?)としてたものが何かおもしろかった。「脅す、だます、誘い出すような質問をする、感情アピールをする(怒ってドア閉めて出ていって、また帰ってきた時にいい感じの雰囲気を作る)とか、子芝居をするとかもいい」とか色々提案してた。本当かよ?!とか思いながら聞いてたけど^^
もひとつおもしろい例をだしてた。positional bargainingの話で、What?→Why focus on interest?を考える。例えば
What(一つしかないりんごを食べたくて争いをしてる)→一人はただ食べたい、もう一人はマーマレイドを作るのに皮を使いたい→互いがべつの意図ならば解決ってゆうすごいおもしろい説明やった。  って私の説明のがよっぽど分かりにくいかもしれん。。。文章力つけなあかんわ;;
次回はある会社と、その会社の環境サービス部門との交渉で、ライトがおかしいから頭が痛いとか、一日中座ってるstaffが背中が痛いとかってゆう不満をが7個あって、それを解決するために開かれるMeetingでのシミュレーションをします!また聞くだけになってしまわんようにがんばらなぁ。
posted by あい at 08:47| Comment(2) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

悔しい!!

昨日のプレゼンはあせってたわりにはけっこううまくいった。お題は何でもよくて、グラフを使ってそれを説明するとゆうもの。私が選んだのは日本の高齢化をタイトルにして、世界の平均年齢の中で日本は最長寿国だというものと、それと関連して出生率のグラフでは日本は最低レベルだという事を説明した。質問も何とか答えられたし、スウェーデンも日本と同じ状況にあるからすごい関心を持ってくれて、その後も話がはずんだ^^
問題はpaper discussion!この日までに各自argumentative paperを各自用意しておいて、同じグループのみんなに送り、paperの書き方について議論するというもの。終わった後にトモミとマミと話すと、3人とも思ったのは同じで、悔しかったという事と文化の違いを感じた。みんな言いたい事をぼんぼん発言し、けなしあう。私らは議論しなれてないのと同時に、新しい意見があると受け入れる傾向がある。ちょっと違うなと思っても全部を否定せず、一部はそうゆう考え方もあるなと受け入れる。もちろん日本人全員がそうではないし、実際友達にも議論しまくってる人はいるけれども。。特に外大ではそうゆう授業がなく、先生の話を聞く、受身の態勢が多かったのもある。でもそこ否定するか?という所まで言い合う。しかもみんな早口になるしで余計話に寄れない。
でも何よりも悔しいのが、議論の場で英語が出てこない事!日本語やったらもうちょっと発言できるんやけどなぁ。。。他の国の話をされて、知識がないのももちろんやけど、自分の英語力がまだまだ未熟な事が悔しかった。こないだroommateのvickyに、「愛、英語上達したな。だいぶ分かりやすくなった。」と褒められて喜んでいた。けど日常生活とはまた違う場の中で、みんなの意見を聞くだけしかできない自分が悔しかった。中には私の様に、たまにしか口をはさめない子もいたけども、もっと経験つんでこの環境になれないと、と思った。
ここに来て初めてネガティブな事を書いてみちゃいました。まあ嘆いても仕方がないのでまだまだ修行をつまないとダメですね。^^がんばるぞ!!
posted by あい at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。